アスベスト改修工事

建築の基礎知識 > 診断知識 > アスベスト改修工事

改修工事

数年前には近所でも耳にしたアスベスト問題。

その後のアスベスト処理工事では、手続きから安全管理、記録に至るまで細かい規則が定められています。

目次

アスベストの処理工事

処理工法

既存建築物に施工された吹付けアスベストの飛散防止処理工事には、除去工法、封込め工法、囲い込み工法がある。

除去工法

既存の吹付けアスベスト層を下地から取り除く工法。
処理後の維持保全が不要。
アスベスト廃棄物の処理が必要。
一般的に,工事費が高価で,工事期問が長い。

封込め工法

既存の吹付けアスベスト層はそのまま残し、アスベスト層への薬剤の含浸などにより、表層部又は全層を完全に被覆、固着、固定化し粉じんが飛散しないようにする工法。
一般的に、安全衛生管理が容易。除去工法に比べ、工事費が安価で、工事期間が短い。
アスベスト廃棄物が発生しない。
既存吹付けアスベストが残る。
処理後の維持保全に留意する必要がある。

囲い込み工法

既存の吹付けアスベスト層はそのまま残し、アスベスト吹付け層が露出しないよう、板状材料等で完全に覆い、粉じんの飛散を防止する工法。
一般的に、安全衛生管理が容易。アスベスト廃棄物が発生しない。
既存吹付けアスベストが残る。処理後の維持保全に留意する必要がある。

 

処理施工監理

施工業者

施工業者は、工事に相応した技術を有することを証明する査料を、監理者に提出する。

作業管理者

特定化学物質等作業主任者の資格を有する作業管埋者を選任し管理させる。

特別管理産業廃棄物管理責任者

排出業者は、特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を有する者を選任し管理させる。

処理施工計画

着工に先立ち、処理工事に伴うアスベスト粉じんの飛散防止対策を盛り込んだ施工計画書を施工調査の結果に基づき作成し、監理者の承諾を受ける。

 

手続き

・一般建築工事の手続き
・吹付けアスベストの建設工事届出書
工事開始14日前までに、労働基準監督署へ届出る。
・特別管理産業廃棄物管理責任者設置報告書
管理責任者を選任した日から30日以内に都道府県知事又は保健所設置市長に提出する。
・特定粉じん排出等作業実施届出書
工事開始14日前までに、都道府県知事又は市長に届出る。

 

安全衛生管理

休憩室の設置

・休憩室を作業場所以外の場所に設置し、十分湿らせたマット、衣服用のブラシ、真空掃除機等を備える。

洗浄設備の設置

・洗顔、洗身、うがい、更衣設備、衣類洗濯の設備を設ける。

負圧除じん装置の設置

・HEPAフィルタを備えた負圧除じん装置を設置する。

表示

・特定化学物質等作業主任者名と職務内容、関係者以外立入禁止、喫煙・飲食の禁止、アスベスト除去作業中等の表示を行う。

掲示

・アスベストの有害性、取扱い上の注意事項、使用すべき保護具の掲示を行う。

作業場の隔離

・除去に伴いアスベストを作業場から外部へ飛散させないため、プラスチックシート等を用いて隔離する。
・隔離した作業場への作業員の出入によるアスベストの飛散を防止するため、セキュリティゾーンを設置する。

保護具・保護衣

作業者は、呼吸用保護具、アスベストが付着しにくく、付着したアスベストを容易に除去できる作業衣服、保護衣を使用する。

 

除去工事

アスベストの除去

除去するアスベストは、薬液等により十分に湿潤化させた後に、除去する。

除去物、汚染物の処理

除去物、汚染物の処理方法には、密封処理、固化処理、固化処理がある。

密封処理

・除去したアスベストは密封する。
・除去作業場所において、除去したアスベストは、粉じん飛散抑制剤等を散布し、湿潤化させてからプラスチック袋の中に入れて密封する。
・前室で高性能真空掃除機により、プラスチック袋に付着している粉じんを除去する。
・保護衣等着脱室で、更にプラスチック袋をかぶせ、密封し、「アスベスト」の表示を行う。

固化処理

・固化剤は、アスベストが飛散しないように十分な強度が得られる配合とする。
・アスベストを溶融固化する場合は、アスベストの中間処理に適する溶融施設によって行う。

 

処理方法

・除去したアスベスト等の保管、運搬及び処分は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の規定を遵守し行う。
・委託する場合は、都道府県知事の許可を受けている特別管理産業廃棄物処理業者と特別管理廃棄物処現に関する契約を結び、廃棄物処理場の現地確認等を行う。
・アスベスト廃棄物の搬出を行ったときには、その都度、搬出量と処理先を監理者に報告するとともに、産業廃棄物管理票(マニフェスト)の写しを添付した廃棄物処理報告書を提出する。

 

施工記録

・施工記録報告書を作成し、監理者に提出する。
・作業者の作業記録は、30年間保管する。

施工記録の内容

・施工計画書
・工事記録
・工事写真
・産業廃棄物処理記録
・施工調査等記録
・作業者の作業記録
・その他

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました