施工知識 > 診断知識 > 耐震改修

施工知識 > 診断知識 > 耐震改修

誰にでもできる木造耐震診断

1分でできる診断です。
ぜひお試し下さい。

監修:国土交通省住宅局
編集:財団法人 日本建築防災協会

目次

問診

耐震診断問診表
以下の質問に答えてください。

問診1
建てたのは1981年6月以降ですか?
はい (1981年6月以降) 
いいえ(1981年5月以前)

問診2
今までに大きな災害に見舞われたことがない。
はい (大きな災害に見舞われたことがない。)
いいえ(床下浸水・床上浸水・火災・車の突入事故・大地震・崖上隣地の崩落などの災害に遭遇した。)

問診3
増築した。
はい  (増築していない。または建築確認など、必要な手続きをして増築を行った。)
いいえ (必要な手続きを省略して増築し、または増築を2回以上繰り返している。増築時、壁や柱を一部撤去するなどした。)

問診4
傷み具合や補修・改修について
傷んだところはない。または、傷んだところはその都度補修している。健全であると思う。
老朽化している。腐ったり、白蟻の被害など不都合が発生している。

問診5
建物の平面はどのような形ですか?
どちらかというと長方形に近い。
どちらかというとL字・T字など複雑な平面。

問診6
大きな吹き抜けがありますか?
一辺が4m以上の大きな吹き抜けがない。
一辺が4m以上の大きな吹き抜けがある。

問診7
1階と2階の壁面が一致しますか?
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁がある。または、平屋建てである。
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁がない。

問診8
壁の配置はバランスがとれていますか?
1階外壁の東西南北どの面にも壁がある。
1階外壁の東西南北各面の内、壁が全くない面がある。

問診9
屋根葺材と壁の多さは?
瓦など比較的重い屋根葺材であるが、1階に壁が多い。
またはスレート・鉄板葺・銅板葺など比較的軽い屋根葺材である。
和瓦・洋瓦など比較的重い屋根葺材で1階に壁が少ない。

問診10
どのような基礎ですか?
鉄筋コンクリートの布(ぬの)基礎またはべた基礎・杭基礎
その他の基礎

 

採点方法

問診1~10の評点を合計します。
10点 ひとまず安心ですが、念のため専門家に診てもらいましょう。
8~9点 専門家に診てもらいましょう。
7点以下 心配ですので、早めに専門家に診てもらいましょう。

この診断の目的
 この耐震診断は、ご自宅の耐震性能の理解や耐震知識の習得を進めていただき、耐震性の向上を図るための耐震改修に向けて、より専門的な診断を行う際の参考にしていただくことを目的に作られています。お住まいになっている住宅について、住んでいる方がご自身で住宅の耐震診断を行い、住宅のどのようなところに地震に対する強さ、弱さのポイントがあるかなどがわかるようにできています。
対象住宅
この診断の対象としている住宅は、1~2階建ての一戸建ても木造住宅(在来軸組構法、枠組壁広報(ツーバイフォー工法)などで店舗・事務所等を併用する住宅を含みます。)

詳しくは、専門家の診断を仰いでください。
専門家は、行政に登録されています。
各行政機関

京都府の住宅耐震改修支援事業
耐震診断及び相談
対象住宅
昭和56年5月31日以前に着工したもの
対象事業

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました