診断知識

診断知識
建築物の耐用年数は昔に比べて長くなってきています。
しかし、建てっ放しでは駄目で、その都度見直しをし、場合によっては補修や改修が必要となります。
長く付き合ってゆくためにも、今の状態を把握する必要があります。
ここでは診断の際に必要な知識についてまとめました。
部分的にではなく、総合的・包括的な考え方からきちんとした取り組みができれば、一つの建築物として良い状態を維持することができると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました