壁配置のバランス(四分割法)

建築の基礎知識 > 構造知識 > 木構造 > 壁配置のバランス(四分割法)

壁配置のバランス(四分割法)

目次

壁配置のバランス(四分割法)

四分割法によって、耐力壁の配置のバランスを確認します。(令第46条第4項、平12建告第1252号)




耐力壁は量だけでなく、その配置も大切です。


耐力壁の配置が偏っていると、力が加わったときに建物がねじれて耐震性が損なわれるからです。

 

(1)側端部分の必要壁量を算出

側端部分の必要壁量=側端部分の床面積×床面積に乗ずる値

検討の手順

・建物の平面を1/4ごとに区切ります。両端の1/4部分を側端部分といいます。凹凸のある平面形状の場合も、全長を4分割します。


・各階・各方向の側端部分の面積を求めます。


・求めた床面積に下表で選択した数値を乗じて、側端部分の必要壁量を求めます。

床面積に乗ずる値(施行令第46条第4項表2より)

























建物の種類
床面積に乗ずる値
平屋建て 2階建て1階部分 2階建て2階部分
軽い屋根 11 29 15
重い屋根 15 33 21

 

(2)側端部分の存在壁量を算出

側端部分の存在壁量=(壁倍率×壁長さ)の合計




各階・各方向の側端部分にある耐力壁の有効長さの合計(側端部分の存在壁量)を求めます。


求め方は1.壁量計算(3)存在壁量の算出と同じです。

 

(3)側端部分の壁量充足率と壁比率を算出

壁量充足率=側端部分の存在壁量/側端部分の必要壁量


壁比率=側端部分で壁量充足率の小さい側/側端部分で壁量充足率の大きい側




各階・各部分について、壁量充足率、壁比率を求めます。

 

(4)バランスの判定

1.各階・各方向の側端部分について、壁量充足率>1.0


2.各階・各方向で、壁比率≧0.5


のどちらかを満足していれば適合です。


不適合となった場合は、充足率の小さい側に耐力壁を増やす、耐力壁が側端部分から外れるようにするなど、再検討します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました