建築の基礎知識 > 法律知識 > 景観法

建築の基礎知識 > 法律知識 > 景観法

景観法

目次

景観法

◇都市、農山漁村の良好な景観の形成

◇良好な景観の保全と創出

◇景観計画

◇条例による、届出及び勧告

◇景観重要建築物の指定

◇建築物の形態意匠の制限

◇計画の認定

◇違反建築物に対する措置





京都市は、全国に先駆け、景観条例を施行しました。

建都1200年を経て、1300年を目指して、この都市を、よりよく、後世に継承するために施行されたものと理解します。

どうか、実りある成果を残せるように、断固たる、厳しい姿勢であらゆる問題に、公正、公平に対処してください。

人間と言うものは、私を含め、浅はかなものです。

厳しい法規制が引かれると、その狭間を見付け、許可を獲ろうとするものです。

そのような者に屈することなく、一律、一定の指導を行われることを、節に希望します。

また、違反建築に対する措置を明確にし、周知徹底を図ってください。

京都の伝統建築、町並みを守るために、市民みんなが努力しましょう。

 

風致地区内における建築等の規制に係る条例の制定に関する基準を定める政令

昭和44年12月26日 政令 第317号

平成16年3月24日 改正 政令 第59号

◇建築、宅地造成、木竹の伐採行為の規制

◇地方公共団体の条例

◇行為の制限

◇許可基準

 

屋外広告物法

昭和24年6月3日 法律 第189号

平成16年6月18日 改正 法律 第111号

◇景観との関係

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました