平成19年12月 1日                           株式会社 田 内 設 計田内 隆司

サイト開設 ご 挨 拶

 

現在の建築業界は、ホルムアルデヒト、アスベスト、土壌汚染等の環境問題及び欠陥住宅、
リホーム問題、構造偽装問題、大手企業による談合疑惑等大きな社会問題を引起こし、
信頼をなくし、疑惑と不信の目で見られています。
また、それらに関連して、法改正が次から次へとなされ、建築業界は、益々、仕事の依頼が、少なくなってきているのが現状です。
つい先日も、大手建築業者による、鉄筋本数不足の報道や大手建材メーカーの偽装実験によるJIS規格認証取得等、ますます信頼を失くす問題を発生させています。
この様な状況下に於いて、どの様な建築業界にすれば、安定、継続、依頼者の信頼が得られるか、日々、思考し、このサイトを開設するに至りました。
今日の建築は、法規制、許認可が常に伴い、複雑な手続きにより、書類の山です。
書類により、規制すれば、良い建築が出来るように考えられているように思われます。
しかし、建築は、最終的には、人間が、手作業により作り上げていくものであります。
そこには、建築主、設計者、施工者、3者の信頼関係と協力があって、初めて良い建築が、出来ると確信しています。
それを、具体的に、出来る方法として、「予防建築」の提唱をいたします。
医学の分野においては、予防医学があるように、人は自己健康管理のために、医療法、薬事法等医療に関わる法律知識に詳しくなくても、健康診断や血液検査、予防注射等を受けることが出来ます。
同じように、建築に関する知識がなくても、満足のいく、法律に適った建築をするための情報を知ることにより、トラブル回避が出来ると考えています。それが予防建築の考えです。
それには、建築に関する、あらゆる情報の開示が必要ですし、情報の共有も必要です。
しかし、現実の社会において、建築に関する情報を集めようとしても、なかなか集まりません。そればかりか、法的規制、専門的用語が多く、どこからアプローチして良いかすら判らない状況です。よって、建築に関わるあらゆる知識、情報のサイトを開設することにより、建築に対する理解を得られるとともに、建築業界の信頼回復に繋がると考え、
建築情報ポータルサイト“ICHI 1:1ICHI”を、本日開設いたしました。
一般の方々や建築関連業者の方々にご利用して頂くことにより、建築に対するご理解を得られるとともに、建築業界の信頼回復に繋がればと考えています。
建築情報管理システムをご利用戴き、厳格な工事監理から業務の効率化に役立てて戴ければ幸いです。

平成19年12月 1日
株式会社 田 内 設 計
田内 隆司

追伸
平成19年11月24日(いい、節)に、京都新聞朝刊経済面に、記事掲載されました。
私たちが持てる知識と情熱を籠めて制作いたしました。
建築業界の発展と信頼に繋がれば幸いです。
また、多くの建築関連業者の人々に賛同を得、利用して頂くため、
企業名一覧コーナーを作成いたしました。
有料となりますが、ご利用の程よろしくお願いいたします。

制作スタッフ一同

コメント

タイトルとURLをコピーしました