03_01現場管理と予算

現場管理と予算










目   次

現場管理と予算

一般の人に現場管理をしましょうと言えば、建築知識がないから出来ないと言う答えが返ってきます。

現場管理といっても、施工工法や工程及び技術を管理して下さいということではなく、

現場にどのような人、職人さんが何人はいったかと言うことをチェックして置くだけで、

現場管理効果が上がります。

なぜならば、工務店に今日は職人さんが何人来られて、こんなことをされていきましたよ等を言われるだけで、工務店は現場を見ておられるなぁーと感じます。

また、建築工事は、材工、即ち、材料費と加工費で見積単価が見積もられています。

加工費とは人件費です。

材料費には大差は出にくいと思いますが、人件費は千差万別、この様なことがあってはいけないのですが、人の技量は様々です。

人工がお金として、見積書に反映されます。

手際の良い人、悪い人、技量のある人、雑な人、すべて、見積書に反映されています。

このチェックだけでも、しっかりとした現場管理です。

工程管理

いつ何を、どのような工事をしますか。

予定道理進んでいますか。

この様な質問をしましょう。

嫌がらずに、しっかりと答えてくれる工務店に仕事を依頼しましょう。

上記のような事を、書類に現したものが、見積明細書であり、工程表です。

これらの書類は工事着工前に提出してもらうと共に、説明を受けましょう。

予算を無駄なく有効に使いましょう。

 
タイトルとURLをコピーしました