二級施工05_14









































































二級建築士 【施工】 内装断熱
問1

内装工事に関する次の記述のうちも最も不適当なものはどれか。

  1. ビニル床シートの張付けは、下地モルタルを施工して14日後に接着剤張りとした。
  2. コンクリート下地にせっこうボードを直張りする場合、せっこう系直張り用接着剤の間隔は、各ボードの周辺部で、300~350mmとした。
  3. コンクリート下地にせっこうボードを直張りする場合、せっこう系直張り用接着剤の乾燥期間は、せっこうボード表面の仕上げ材に通気性があったので、10日とした。
  4. タイルカーペットの全面接着工法において、張付けは、基準線に沿って方向をそろえ、中央部から行った。
  5. 壁の木造下地材に木質系セメント板を直接張り付ける場合、留付け用小ねじの間隔は、各ボードの周辺部で200mm程度とした。
  6. コンクリート下地にせっこうボードを直張りする場合、せっこう系直張り用接着剤の間隔は、各ボードの周辺部で、150~200mmとした。

問2

内装工事及び断熱工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. ビニル床シートの張付けは、接着剤を所定のくし目ごてを用いて下地面へ平均に塗布し、べた張りとした。
  2. せっこう系直張り用接着剤を用いてコンクリート下地に直張りしたせっこうボード表面の仕上げにおいては、仕上げ材に通気性がなかったので、21日間放置後に行った。
  3. フローリングボードの床張りにおいて、ボードの継手位置は、隣接するボードの継手位置から150mm以上離して、乱継ぎとした。
  4. 外壁に設ける通気層は、断熱層・防風層の屋外側に厚さ8mmで設け、その上下端部を外気に開放した。
  5. 外壁に設ける通気層は、断熱層・防風層の屋外側に厚さ25mmで設け、その上下端部を外気に開放した。
  6. 天井のグラスウール断熱層の室内側を、厚さ0。工5mmのポリェチレンフイルムで覆った。

問3

内装工事又は断熱工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. ニードルパンチカーペットは、消防法に定める防炎性能を有するものを使用した。
  2. 接着工法によりフローリングを張り付けるに当たって、エポキシ樹脂系2液形の接着剤を使用した。
  3. せっこうボードを洗面所内の天井に張り付けるに当たって、ステンレス鋼製の小ねじを使用した。
  4. 天井仕上げに用いる化粧合板の切断は、化粧裏面から行った。
  5. 天井仕上げに用いる化粧合板の切断は、化粧面から行った。
  6. 断熱材打込み工法による外壁コンクリートの工事を行うに当たって、押出法ポリスチレンフォーム保温板を使用した。

問4

内装工事及び断熱工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. せっこうボードを洗面所内の天井に張り付けるにたって、ステンレス鋼製の小ねじを使用した。
  2. 全面接着工法によりタイルカーペットを張り付けるに当たって、基準線に沿って方向をそろえ、中央部から行った。
  3. 接着工法によりフローリングを張り付けるに当たって、エポキシ樹脂系2液形の接着剤を使用した。
  4. 接着剤を用いる張付け工法による断熱工事に当たって、下地コンクリートの豆板(じゃんか)の発生箇所には、豆板(じゃんか)をはつり取り、樹脂モルタルを充填した。
  5. 木造住宅の屋根面におけるはめ込み工法による断熱工事に当たって、断熱層の室内側に通気層を設けた。
  6. 木造住宅の屋根面におけるはめ込み工法による断熱工事に当たって、断熱層の外側に通気層を設けた。

問5

木造住宅における内装工事及び断熱工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 床仕上げに用いるフローリングについては、割付けは室の端部から順次行い、寸法の調整は室の出入口部を避け、壁際で行った。
  2. 脱衣室にビニル床シートを張り付けるに当たって、ウレタン樹脂系の接着剤を使用した。
  3. 天井仕上げに用いる化粧合板の切断は、化粧表面から行った。
  4. 壁の下地材に木質系セメント板を直接張り付けるに当たって、留付け用小ねじの間隔は、各板の周辺部で200mm程度とした。
  5. 床面への発泡プラスチック系断熱材のはめ込み工法において、断熱材の継目部分に隙間が生じるおそれがあったので、気密層を設けた。
  6. 床仕上げに用いるフローリングについては、割付けは室の端部から順次行い、寸法の調整は室の出入口部で行った。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 二級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました