二級施工05_09









































































二級建築士 【施工】 防水工事
問1

防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. アスファルト防水工事において、防水層の下地の入隅部分については、半径50mmの丸面に仕上げた。
  2. 塩化ビニル樹脂系シートを用いた防水工事において、平場のシートの接合幅を40mmとした。
  3. 屋根のアスファルト防水工事において、保護コンクリートに設ける伸縮調整目地のパラペットに最も近い目地は、パラペットの立上りの仕上げ面から1.5mの位置に設けた。
  4. 外壁のコンクリートと鋼製建具枠との取合い部分に、変成シリコーン系シーリング材を用いた。
  5. アスファルト防水層を貫通する配管まわりには、防水層の最下層及び最上層に網状アスファルトルーフイングを増張りした。
  6. 屋根のアスファルト防水工事において、保護コンクリートに設ける伸縮調整目地のパラペットに最も近い目地は、パラペットの立上り の仕上げ面から0.6mの位置に設けた。

問2

屋根のアスファルト防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 下地コンクリートの水勾配を1/50とした。
  2. 保護コンクリートに設ける伸縮調整目地の深さは、その保護コンクリートの厚さの1/2程度とした。
  3. 一般平場部分の保護コンクリートの厚さは、特記がなかったので、こて仕上げとする揚合、水下で80mmとした。
  4. 下地コンクリートの打継ぎ箇所には、幅100mmの絶縁用テープを張り付け、その上に幅300mmのストレッチルーフィングを増張りした。
  5. 出隅・入隅等へのルーフィングの増張りは、一般平場部分へのルーフィングの張付けに先立って行った。
  6. 保護コンクリートに設ける伸縮調整目地の深さは、その保護コンクリートの表面に達するように設けた。

問3

屋根のアスファルト防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. アスファルトの溶融に当たり、局部加熱が生じないようにアスファルトを小塊にして溶融した。
  2. アスファルトプライマーを塗布した翌日に、次の工程の施工を行った。
  3. コンクリートスラブの打継ぎ箇所には、幅100mmの絶縁用テープを張り付け、その上に幅300mmのストレッチルーフィングを増張りした 。
  4. 平場の保護コンクリートの中に敷き込んだ溶接金網の重ね幅を、100mmとした。
  5. 平場の保護コンクリートの中に敷き込んだ溶接金網の重ね幅を、150mmとした。
  6. 保護コンクリートの伸縮調整目地の深さは、保護コンクリートの下面に達するようにした。

問4

屋根のアスファルト防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 屋根露出防水密着工法による平場のアスファルトルーフィングの重ね幅は、長手・幅方向とも100mmとした。
  2. アスファルトルーフィングとは、水下側から水上側に向かって張り進めた。
  3. 屋根スラブとパラペットが交差する入隅部分の防水下地の形状は、モルタルで面取りをした。
  4. 平場の保護コンクリートのひび割れを防止するため、伸縮調整目地内ごとに溶接金網を引き込んだ。
  5. 屋根補護防水密着工法による出隅・入れ済部分においては、その最下層に幅300mm以上のストレッチルーフィングを増張りした。
  6. 屋根露出防水密着工法による平場のアスファルトルーフィングの重ね幅は、長・幅方向とも50mmとした。

問5

屋根のアスファルト防水工事に関する次の記述うち、最も不適当なものはどれか。

  1. 平場の保護コンクリートのひび割れを防止するため、伸縮調整目地内ごとに、溶接金網を敷き込んだ。
  2. アスファルトルーフィングは、水下側から水上側に向かって張り進めた。
  3. 平場のアスファルト防水層の保護コンクリートには、縦横方向とも5.5mごとに伸縮調整目地を設けた。
  4. 平場のストレッチルーフィングの張付けの重ね幅については、長手及び幅方向とも、100cmとした。
  5. 下地面の入隅部分については、45度の勾配に仕上げた。
  6. 平場のアスファルト防水層の保護コンクリートには、縦横方向とも3mごとに伸縮調整目地を設けた。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 二級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました