二級施工05_02




























































二級建築士 【施工】 土工事
問1

土工事及び地業工事に関する次の用語の組合せのうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 掘削――――――――――――バツクホー
  2. 山留め―――――――――――鋼矢板
  3. 排水――――――――――――ディープウェル工法
  4. 杭地業―――――――――――バイブロハンマー
  5. 捨てコンクリート地業―――――ソイルセメント
  6. 捨てコンクリート地業―――――普通セメント

問2

施工機械とその特性との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

  1. クラムシェル

    クレーンブームにバケットを吊るし、バケットを開いて落下させ、閉じて土砂を掘削する。主任技術者の氏名及び資格。
  2. パワーショベル

    機械の接地面より上方の掘削に適しているが、下方の掘削には向がない。
  3. バックホウ

    機械の接地面より下方の掘削、硬い土質の掘削及び溝掘りに適し、水中掘剖も可能である。
  4. モーターグレーダー

    車輪を有する自走式で、広い路面を平らに形成し、整地する。
  5. ドラグライン

    機械の接地面より下方の掘削に適しているが、機体を中心とした掘削半径が小さい。
  6. ドラグライン

    機械の接地面より下方の土を、遠方から手前にかき寄せる。

問3

土工事及び基礎工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 山留め壁に作用する側圧を十分に切ばりに伝達させるために、腹起しを連続して設置した。
  2. 比較的良好な地盤に、切込み砂利を用いて砂利作業を行った。
  3. 山留めを親杭横矢板工法とした場合の基礎工事までの作業は、地業→根切り→山留め→基礎の順で行った。
  4. 山留めを親杭横矢板工法とした場合の基礎工事までの作業は、地業→親杭→掘削→横矢板→基礎の順で行った。
  5. 基礎・柱・基礎ばりなどの墨出し・配筋、型枠の建込みをするために、表面を平らに仕上げる捨コンクリート地業を行った。
  6. シルト質細砂層の地盤に、真空扱引して揚排水するウェルポイントエ法を採用した。

問4

杭工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 騒音及び振動の測定は、作業場所の敷地境界線において行った。
  2. 既製コンクリート杭の継手は、特記がなかったので、アーク溶接による溶接継手とした。
  3. アースドリルエ法による掘削において、支持地盤への到達の確認を、『掘削深度』及び『排出される土」により判断した。
  4. 打撃工法による既製コンクリート杭の打込みにおいて、支持地盤への到達の確認を、「打込み深さ」及び「貫入量」により判断した。
  5. セメントミルク工法においては、アースオーガーを逆回転させながら引抜きを行った。
  6. セメントミルク工法においては、アースオーガーを逆回転させながら引抜きを行った。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 二級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました