二級施工02_03






















































二級建築士 【施工】 作業
問1

建築物の工事現場における次の作業のうち、労働安全衛生法上、所定の作業主任者を選任しなければならないものはどれか。ただし、火薬、石綿などの取扱いはないものとする。

  1. 高さ3.6mの枠組足場の組立て作業。
  2. 高さ2.1mのコンクリート造の工作物の解体作業。
  3. 掘削面の高さが2.5mの地山の掘削作業。
  4. 軒の高さが3.4mの木造の建築物における屋根下地の取付け作業。
  5. 高さ4,0mの鉄骨造の建築物における骨組みの組立て作業。

問2

足場に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 単管足場の壁つなぎの間隔を、垂直方向、水平方向ともに5m以下とした。
  2. 高さが12mの枠組足場における壁つなぎの間隔を、垂直方向、水平方向ともに8m以下とした。
  3. 単管足場の地上第一の布を、地面から高さ2mの位置に設けた。
  4. 単管足場の建地の間隔が、けた行方向1.8m、はり間方向1.5m二のとき、建地間の最大積載荷重は、500㎏と表示した。
  5. 足場板を長手方向に支点の上で重ね、その重ねた部分の長さを20㎝以上とした。

問3

仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • 足場における高さが2.5mの場所に設けた作業床において、墜落の危険がある箇所には、高さ70㎝の手すりを設けた。
  • 単管足場の組立てに当たって、建地の脚部にベース金具を用い、土の上に直接建てた。
  • 単管足場の地上第一の布を、地盤面からの高さ2mの位置に設けた。
  • 単管足場の建地の間隔を、けた行方向、はり間方向とも1.6mとした。
  • 床からの高さを95㎝とし、中桟を設けた。
  • 高さが8m以上の登り桟橋において、踊り場を高さ6mごとに設けた。
  • 高さ2mの位置に設ける作業床の幅を、40cmとした。
  • 高さ2mの作業構台において、作業床の床材間の隙間を3cm以下となるようにした。
  • 高さが12mの枠組足場における壁つなぎの間隔を、重皮方向、水平方向とも8 mとした。
  • 高さ9mの登り桟橋において、踊り場を高さ3mごとに設けた。
  • 高さ2.5mの位置にある作業床において、墜落の危険がある箇所の手摺については、作業・鉄筋コンクリート造2階建の建築物の工事において、危害防止上必要があるので、地盤面から高さ1.8mの仮囲いを設けた。
  • 高さが2 mの位にある足場の作業床については、幅を50cmとし、かつ、床材間の隙間がないようにした。
  • 高さが12 mの枠組足場における壁つなぎの間隔を、垂直方向、水平方向ともに8 mとした。
  • ベンチマークは、コンクリート杭を用いて移動しないように設置し、その周囲に養生を行った。
  • 仮設工事計画は、施工者が作成し、工事監理者の承認を受けて実施した。
  • はしご道のはしごの上端は、床から70cm突出させた。
  • 架設通路を設けるに当たって、勾配が35度であったので、階段とした。
  • はしご道のはしごの上端は、床から40cm突出させた。
  • 足場板については、長手方向に支点の上で重ね、その重ねた部分の長さを25㎝とした。
  • 単管足揚については、建地の間隔を、けた行方向1.7 m、はり間方向1.3 mとし、建地間の最大積載荷重を、400㎏と表示した。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 二級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました