二級構造03_03






















































二級建築士 【構造】 木構造 耐カ壁
問1

木造建築物の耐力壁に関する次の記述のうち、最も不適当をものはどれか。

  1. 構造用合板を用いた壁は、真壁造でも、耐力壁とすることができる。
  2. 筋かい(断面3cm×9cm)を入れた軸組の倍率は、土塗壁の倍率より大きい。
  3. 軸組の片面に同じボードを2枚重ねて釘打ちした壁の倍率は、そのボードを1枚で用いたときの壁の倍率を2倍にした値とすることができる。
  4. 壁と筋かいを併用した軸組の倍率は、それぞれの倍率の和が5.0を超えた場合であっても、5.0とする。
  5. 風圧力に対して必要な耐力壁の有効長さを求める場合、平家建の建築物と2階建の建築物の2階部分とでは、見付面積に乗ずる数値は同じである。

問2

木質構造の耐力壁に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • 風圧力に対して必要な耐力壁の有効長さは、一般に、見付面積に基づいて算定する。
  • 風圧力に対して必要な耐力壁の有効長さを求める場合、平家建築物と2階建の建築物の2階部分とでは、見付面積に乗ずる数値は異なる。
  • 風圧力に対して必要な耐力壁の有効長さは、床面積には関係しない。
  • 風圧力に対して必要ような耐力壁の有効長さは、床面積には関係しない。
  • 風圧力に対して必要な耐力壁の有効長さを求める場合、平家建の建築物と2階建の建築物の2階部分とでは、見付面積に乗ずる数値が異なる。
  • けた行方向に細長い建築物の場合、一般に、風圧力に対して必要な耐力壁の有効長さは、けた行方向に比べて、はり間方向のほうが長い。
  • 地震力に対して必要な単位床面積当たりの耐力壁の有効長さは、一般に、屋根葺材に重いものを用いる場合に比べて、軽いものを用いる場合のほうが長くなる。
  • 地震力に対して必要な単位床面積当たりの耐力壁の有効長さは、一般に、屋根葺材の種類によって異なる。
  • 地震力に対して必要な単位床面積当たりの耐力壁の有効長さは、一般に、屋根葺材の種類によって異なる。
  • 地震力に対して必要な単位床面積当たりの耐力壁の有効長さは、見付面積に直接関係する。
  • 地震力に対して必要な耐力壁の有効長さは、見付面積には関係しない。
  • 地震力に対して必要な耐力壁の有効長さは、屋根葺材が軽いほうが長い。
  • 地震力に対して必要な耐力壁の有効長さは、屋根葺材の種類によって異なる。
  • 地震力に対して必要な単位床面積当たりの耐力壁の有効長さは、屋根葺材の種類によって異なる。
  • 地震力に対して必要な耐力壁の有効長さは、階が上階になるほど小さくなる。
  • 筋かいと間柱が交差する部分では、間柱を欠き込む。
  • 筋かいと間柱が交差する部分では、間柱を欠き込む。
  • 筋かいと間柱が交差する部分では、間柱のほうを欠き込む。
  • 筋かいは、その端部を、柱と横架材との仕口に接近して、釘、金物などで緊結する。
  • 筋かいは、その端部を、柱と横架材との仕口に接近して、金物等で緊結する。
  • 筋かいを入れた耐力壁の倍率は、その筋かいの断面寸法によつて異なる。
  • 筋かいを入れた軸組の倍率は、その筋かいの断面寸法によって異なる。
  • 筋かい(断面3cm×9cm)を入れた軸細の倍率は、土塗壁の倍率より大きい。
  • 筋かいと間柱が交差する部分では、間柱を欠き込む。
  • 筋かいの端部は、柱と横架材との仕口に接近して取り付ける。
  • 木材の筋かい(断面3cm×9cm)を入れた軸細の倍率は、土塗壁の倍率より大きい。
  • 木材の筋かい(断面3cm×9cm)を入れた軸組の倍率は、土塗壁を設けた軸組の倍率に比べて大きい。
  • 木材の筋かい(断面3cm×9cm)を入れた軸組の倍率は、土塗壁を設けた軸組の倍率より小さい。
  • 筋かいを有効なものとするために、筋かいの上端部が取り付くの下部に近接した位置にアンカーボルトを設ける。
  • 筋かいを有効なものとするために、三角形を構成する柱の上下を土台・はりなどに金物などで緊結する。
  • 同じ構面内の筋かいは、異なる方向の水平力に対し、抵抗できるように筋かいの傾きの方向を考慮して配置する。
  • 一般に、筋かいを人れた耐力壁の場合、その耐カ壁の見付けについて、高さに対する幅の比は、1/3以上とする。
  • 同じ構面内の筋かいは、できるだけ同じ方向に傾けて配置する。
  • 壁と筋かいを併用した軸組の倍率は、それぞれの倍率の和が5.0を超えた場合でも、5.0とする。
  • 片面に同じボードを2枚重ねて釘打ちした軸組の倍率は、そのボードを1枚で用いたときの軸組の倍率を2倍にした値とすることができる。
  • 軸組の片面に同じボードを2枚重ねて釘打ちした壁の倍率は、そのボードを1枚で用いたときの壁の倍率を2倍にした値とすることはできない。
  • 面材耐力壁には、その材料に応じて釘打ちの方法と倍率が定められている。
  • 構造用面材と筋かいを併用した軸組の倍率は、それぞれの倍率の和が5を超える場合であっても、5とする。
  • 構造用面材と筋かいを併用した軸組の倍率は、それぞれの倍率の和が5を超える場合であっても、5とする。
  • 構造用合板を用いた壁は、真壁造でも、耐力壁とすることができる。
  • 構造用合板を用いた壁は、真壁造でも、耐力壁とすることができる。
  • 構造用合板による真壁造の面材耐力壁の倍率は、貫タイプに比べて、受材タイプのほうが大きくなる。
  • 構造用合板の下地として胴縁を用いた壁の倍率は、構造用合板を柱に直接張る場合よりも大きい。
  • 構造用合板を用いた壁は、真壁造でも、耐力壁とすることができる。
  • 真壁造の面材耐力壁は、受け材タイプと貫タイプに分類される。
  • 大壁造の面材耐力壁の倍率は、その面材及び釘の種類等によって定められている。
  • ボード類を釘で打ち付けた大壁造の耐力壁の倍率は、そのボード類の材料及び釘の種類・間隔によって決められている。
  • ボード類を釘で打ち付けた耐力壁の倍率は、そのボード類の材料及び釘の種類・間隔によって決められている。
  • 各階の床面積が等しい3階建の建築物の場合、地震力に対して必要な耐力壁の有効長さは、上階になるほど長くなる。
  • 各階の床面積が等しい3階建の建築物の場合、地震力に対して必要な耐力壁の有効長さは、階が上階になるほど小さくなる。

問3

筋かいに関する次の記述のうち、最も不適当なものはとれか。

  1. 圧縮力を負担する木材の筋かいは、厚さ3cm以上、幅9cm以上とする。
  2. 木材の筋かいをたすき掛けにするために、やむを得ず欠き込む場合は、必ず補強する。
  3. 耐力壁は、はり間方向及びけた行方向に対して、つり合いよく配置する。
  4. 9cm角の木材の筋かいをたすき掛けに人れた軸組の倍率は、6.0を採用することができる。
  5. ボード類を釘で打ち付けた壁の倍率は、そのボード類の材料、釘の種類・間隔によって決められている。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 二級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました