二級計画02_06


































二級建築士 【計画】 環境工学 色彩
問1

色彩に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • マンセル色層環において反対側に位置する二つの色は、補色関係にあり、混ぜると無彩色になる。
  • マンセル表色系は、色相、明度、彩度という三つの属性を用いて色を表示する体系である。
  • マンセル表色系における彩度は、色の鮮やかさの度合いを示し、すべての色相において0から10までの数値で表される。
  • マンセル表色系における彩度は、色の鮮やかさの度合いを示し、その色相により最大値は異なる。
  • マンセル色相環において対角線上に位置する二つの色は、補色の関係にあり、混ぜると無彩色になる。
  • 同じ色の場合、一般に、面積の大きいものほど、明度及び彩度が高くなったように見える。
  • マンセル表色系における明度は、完全な黒を10、完全な白を0として表示される。
  • マンセル表色系における明度は、完全な黒を0、完全な白を10として表示される。
  • 同じ色の場合、一般に、面積の大きいものほど、明度及び彩度が高くなったように見える。
  • 同じ色の場合、一般に、面積の大きいものほど、明度及び彩度が高くなったように見える。
  • 純色は、ある色相の中で最も彩度の高い色である。
  • 純色の彩度は、色相によって異なる。
  • 補色の関係にある二つの色を混ぜると、有彩色になる。
  • 補色の関係にある二つの色を混ぜると、無彩色になる。
  • 無彩色は、色の三属性のうち、明度だけを有する色である。
  • 白、黒及び灰色は、無彩色である。
  • 白、黒及び灰色は、無彩色である。
  • 赤と青緑のような補色を並べると、互いに彩度が低くなったように見える。
  • 赤と青緑のような補色を並べると、互いに彩度が高くなったように見える。
  • 色の重い・軽いの感覚は、一般に、明度の高いものほど軽く感じられる。
  • 明度は、光に対する反射率と関係がある。
  • 一般に、明度が高いものほど膨張して見える。
  • 演色とは、照明光が色の見え方に及ぼす影響のことをいう。
  • 演色とは、照明光が色の見え方に及ぼす影響のことをいう。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 二級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました