二級法規11_01










































二級建築士 【法規】 耐火・準耐火建築物 耐火・準耐火建築物
問1

次の建築物のうち、建築基準法上、耐火建築物又は準耐火建築物のいずれともしなくてよいものはどれか。

ただし、地階はないものとする。

  1. 防火地域内の平家建、延べ面積60m2の事務所
  2. 防火地域内の平家建、延べ面積100m2の住宅
  3. 準防火地域内の2階建、延べ面積400m2の倉庫
  4. 準防火地域内の2階建、延べ面積600m2の事務所
  5. 準防火地域内の3階建、延べ酎積300m2の寄宿舎

問2

次の建築物のうち、建築基準法上、耐火建築物又は準耐火建築物としなければならないものはどれか。

ただし、防火地域及び準防火地域以外にあるものとする。

  1. 2階建(各階の床面積250m2)で、1階を物品販売業を営む店舗、2階を倉庫とするもの
  2. 2階建(各階の床面積150m2)で、1階を倉庫、2階を事務所とするもの
  3. 2階建(各階の床面積200m2)で、各階を有料老人ホームとするもの
  4. 平家建自動車車庫(床面積300m2)
  5. 3階建(各階の床面積300m2)で、1階を飲食店、2階及び3階を事務所とするもの

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 二級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました