二級法規01_01

































二級建築士 【法規】 基準法 用語
問1

用語に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

  • 風圧又は地震その他の震動若しくは衝撃を支える火打材は、「構造耐力上主要な部分」である。
  • 「防火性能」とは、建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼を抑制するために外壁又は軒裏に必要とされる性能をいう。
  • 大規模の模様替は、「建築」に含まれない。
  • 構造上重要でない最下階の床は、「主要構造部」ではない。
  • 有料老人ホームは、「特殊建築物」ではない。
  • 有料老人ホームは、「特殊建築物」である。
  • 床が地盤面下にある階で、床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの1/3以上のものは、「地階」である。
  • 建築物に設ける避雷針は、「建築設備」である。
  • 鉄道のプラットホームの上家は、「建築物」でない。
  • 鉄道のプラットホームの上家は、「建築物」である。
  • 建築物に関する工事を請負契約によらないで自らその工事をする者は、「建築主」である。
  • テレビスタジオの用途に供する建築物は、「特殊建築物」である。
  • れんがは、「耐水材料」である。
  • 建築物に設ける消火用のスプリンクラー設備は、「建築設備」である。
  • 地震の震動を支える方づえは、「構造耐力上主要な部分」である。
  • 一戸建住宅の構造上重要でない最下階の床のすべてを木造から鉄筋コンクリート造に造り替えることは、「大規模の模様替」である。
  • 一戸建住宅の構造上重要でない最下階の床のすべてを木造から鉄筋コンクリート造に造り替えることは、「大規模の模様替」ではない。
  • 一戸建住宅の主要構造部の過半数を模様替えすることは、「大規模の模様替」である。
  • 地下の工作物内に設ける倉庫は、「建築物」である。
  • 耐火建築物の3階で、道路中心線から4m以下の距離にある建築物の部分は、原則として、「延焼のおそれのある部分」に該当する。
  • 用途上不可分の関係にある2以上の建築物のある一団の土地は、「敷地」である。
  • 特殊建築物の屋根の過半の修繕は、「建築」に該当しない。
  • 床が地盤面下にある階で、床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの1/2のものは、「地階」に該当する。
  • 建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼を抑制するために当該外壁又は軒裏に必要とされる性能を、「準防火性能」という。
  • 建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼を抑制するために当該外壁に必要とされる性能を、「準防火性能」という。
  • 娯楽のために継続的に使用する室は、「居室」である。
  • 通常の火災が終了するまでの間当該火災による建築物の倒壊及び延焼を防止するために当該建築物の部分に必要とされる性能を、「準耐火性能」という。
  • 通常の火災が終了するまでの間当該火災による建築物の倒壊及び延焼を防止するために当該建築物の部分に必要とされる性能を、「耐火性能」という。
  • 図書館の用途に供する建築物は、「特殊建築物」である。
  • 住宅に附属する厚さ15cmの塀で、幅員5mの道路に接して設けられるものは、「延焼のおそれのある部分」に該当する。
  • 土地に定着する観覧のための工作物は、屋根がなくても「建築物」である。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 二級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました