一級構造_05_01











































一級建築士 【構造】 RC構造
セメント・コンクリート


問1

コンクリートの一般的な性質に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. コンクリートのヤング係数は、コンクリートの気乾単位容積重量又は設計基準強度が大きいほど、大きい値となる。
  2. 水和熱及び乾燥収縮によるコンクリートのひび割れは、単位セメント量が少ないコンクリートほど発生しにくい。
  3. コンクリートの圧縮強度は、水セメント比が大きいほど小さい。
  4. コンクリートの中性化速度は、圧縮強度が大きいほど遅い。
  5. 普通コンクリートの圧縮強度時のひずみ度は、l×10-2程度である。
  6. 普通コンクリートの圧縮強度時のひずみ度は、l×10-4程度である。

問2

コンクリート等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  • 凍結融解作用を受けるコンクリートの設計要求性能は、膨張性ひび割れ、組織崩壊、ポップアウト等の有害な劣化を生じないことを目標とする。
  • コンクリートのヤング係数は、設計基準強度が同じ場合、一般に、使用する骨材により異なる。
  • コンクリートの設計基準強度は、構造設計において基準としたコンクリートの圧縮強度である。
  • コンクリートのスランプは、一般に、コンクリートの単位水量を小さくするほど大きくなる。
  • コンクリートのスランプは、一般に、コンクリートの単位水量を小さくするほど小さくなる。
  • コンクリートの単位水量を大きくすると、構造体コンクリートに乾燥収縮によるひび割れが発生しやすくなり、耐久性が低下する。
  • AE剤を用いたコンクリートは、微細な空気泡が生成されるので、凍結融解作用に対する抵抗性が増大し、耐久性も向上する。
  • 海水の作用を受けるコンクリートは、塩化物イオンの浸透によって計画供用期間内に鉄筋腐食が生じることのないような品質のものとする。
  • 工事現場における構造体コンクリートの1回の圧縮強度試験に用いる供試体は、適切な間隔をおいた3台の運搬車から1個ずつ合計3個採取する。
  • 鉄筋コンクリート構造における長期に生じる力に対する鉄筋の付着の許容応力度は、はりの下端に比べてはりの上端のほうが小さい。

普通コンクリート

  • 普通コンクリートのスランプは、品質基準強度が33N/mm2未満の場合、21cm以下とする。
  • 普通コンクリートのスランプは、品質基準強度が33N/mm2未満の場合、18cm以下とする。
  • 普通コンクリートの気乾単位容積質量の範囲は、22~24t/mm2を標準とする。
  • 普通ポルトランドセメントを用いた普通コンクリートにおいては、水セメント比の最大値は65%とし、単位水量は185kg/mm2以下とする。

高強度コンクリート

  • 高強度コンクリートは、火災時において、急激な加熱に伴う水分の膨張により爆裂を生じることがある。

マスコンクリート

  • マスコンクリートによる構造体コンクリートの強度は、管理材齢において、設計基準強度及び耐久設計基準強度以上とする。

プレストレストコンクリート

  • プレストレストコンクリートに用いるコンクリートの設計基準強度は、プレテンション方式の場合は24N/mm2以上、ポストテンション方式の場合は35N/mm2以上とする。
  • プレストレストコンクリートに用いるコンクリートの設計基準強度は、プレテンション方式の場合は35N/mm2以上、ポストテンション方式の場合は30N/mm2以上とする。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 一級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました