一級構造_04_04











































一級建築士 【構造】 鉄骨構造
その他


問1

鉄骨構造、地上3階建の建築物の構造設計に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。ただし、この建築物は、柱とはりにH型鋼、筋かいに山型鋼を用い、はり間方向をラーメン構造、けた行方向を筋かい構造によるものとする。

  1. けた行方向に設ける筋かいは、引張力に対して設計した。
  2. 剛接合の柱はり接合部のパネルゾーンは、接続する柱及びはりからの曲げモーメントとせん断力とを等価なせん断力に置換して設計した。
  3. はりの継手は、せん断力をフランジ継手が負担し、曲げモーメントをウェブ継手が負担するものとして設計した。
  4. はりの継手は、せん断力をウェブ継手が負担し、曲げモーメントをフランジ継手が負担するものとして設計した。
  5. ベースプレート及びアンカーボルトからなる露出柱脚は、軸方向力及びせん断力とともに、回転量の拘束に伴う曲げモーメントに対しても設計した。
  6. 小ばりと大ばりとの接合部は、小ばりを単純ばりとして取り扱う場合、小ばりからのせん断力に対して設計した。

問2

鉄骨構造の筋かいに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 山形鋼を用いた筋かい材の有効断面積の計算において、筋かい材の断面積からファスナー孔による欠損部分及び突山脚の無効部分の断面積を差し引いた。
  2. 地震時のエネルギー吸収能力の高い筋かいとして、偏心K形筋かいを用いた。
  3. 筋かい材とカセットプレートとの取合部をすみ肉溶接として、筋かいの軸方向力をせん断力により伝達させた。
  4. 筋かい接合部を保有耐力接合とするために、筋かい接合部の破断耐力を筋かいの軸部の降伏耐力と同一になるようにした。
  5. 筋かい接合部を保有耐力接合とするために、筋かいの軸部が降伏するまで、筋かいの接合部が破断しないこととした。
  6. 筋かいと角形鋼符柱との接合部において、筋かいの軸方向力による柱の鋼管壁(柱を構成する鋼板)の面外方向への変形を拘束するために、柱にダイアフラムを設けた。

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 一級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました