一級計画_07_01

































一級建築士 【計画】 建築設備
用語



問1

建築設備に関する用語とその説明との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

  • PMVとは、有効温度(室内環境の快適性を総合的に評価する温度)
  • PMVとは、予想平均温冷感申告(室内環境の快適性を総合的に評価する温熱指標)
  • PMVとは、温熱環境指標(人が感じる温冷感の平均値を理論的に予測)
  • ETとは、有効温度
  • SETとは、標準新有効温度
  • IPFとは、氷充填率(蓄熱槽の水量に対する氷となっている量の割合)
  • PALとは、熱的性能評価指標(省エネルギー性能を判断する際の基準)
  • PALとは、年間熱負荷係数(建築物外周部の熱的性能を評価する指標)
  • COPとは、成績係数(熱源機器の効率を表す数値)
  • BODとは、生物化学的酸素要求量(水の汚濁度を表す指標)
  • UPSとは、無停電電源装置(電源異常に対する、OA機器システムの保護)
  • PBXとは、構内電話交換機
  • DDCとは、自動制御システム(中央監視システムとのコミュニケーション機能)
  • CFDとは、環境解析に適用されている。
  • BEMSとは、ビル管理システム(エネルギー管理、施設運用、設備管理、防災・防犯管理)

一覧へもどる










計画問題集へ 法規問題集へ 構造問題集へ 施工問題集へ 一級建築士対策へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました